韓国の特用作物の栽培や陸上養殖漁業に新たな可能性を提示した安山の世界的水鏡人参 - 韓国オプショナルツアー、ソウルツアー、韓国、韓国文化体験、韓国旅行、語学研修
SEOULTOMO 掲示板
体験ツアー
ユーザー書き込み
韓国の特用作物の栽培や陸上養殖漁業に新たな可能性を提示した安山の世界的水鏡人参
WRITTEN BY : ike
体験レーポート一登録日時 : 2017-04-18
カテゴリー : 韓国旅行
チョアヨ! : 10票

韓国の特用作物の栽培や陸上養殖漁業に新たな可能性を提示した安山の世界的水鏡人参

(aquaponic system)の生産専門企業​、ドゥドゥアクア紹介​

安山市庁前の漢陽(ハンヤン)ビル3階に位置したドゥドゥアクア本社は今、国内外の訪問者たちと相談電話が連日続いている。 現場訪問者と営農組合、帰農者、農業、漁師の相談者がもう2000人が超えて立った。​

この30年余りを一様に韓国の食品産業の未来についたドゥドゥアクア代表峨山キムチュンベ先生の予測は正確に現実となっている。
​FTA締結による農水産物の輸入で今韓国の農業と漁業は危機を迎えている。 自動車や半導体、モバイルなど工業製品中心の韓国が犠牲に掲げたことがまさに農業と漁業であるからだ。

▣危機に直面した5千年韓国の高麗人参の露地栽培法、世界市場占有率1%未満で競争力を読んで高麗人参農家深刻段階
韓国の農業は米と一部の特用作物に区分されている。コメやブドウ、果物などは価格競争力を失って外国の輸入品に依存して行っており、水産物の場合、温暖化と中国漁船の横暴で、水産物漁獲量は年々減る一方で、海の汚染とともに多くの漁民たちが漁業を放棄したり、養殖業に転じている。

​しかし、養殖業の場合、技術不足と魚の密植による疾病と薬物の投入で次第に親環境的信頼性を失い、消費者たちからそっぽを向かれている。

数十年ノジ人参栽培業者と団体、ドゥドゥアクアのフェチョムダン特用作物、魚栽培および養殖技術認定、

韓国人参の場合40%を超えていた過去の高麗人参に対する海外の消費者たちの認知度は、米国とカナダ、中国の高麗人参栽培の拡大で世界の高麗人参市場で0.5%台未満の占有率で居場所さえ危険な状況に直面することになった。

​韓国は昨年、中国とのFTA締結で、野菜類の直接輸出が可能になったが、国内での中国市場に販売する価格競争力のある農産物のほとんどない状況だ。 これによって韓国で開発された米国、日本、中国、韓国特許技術を保有したドゥドゥアクアの天然水鏡人参は魚を利用して栽培する特殊微生物技術で生産され、今後、国内の農家に高収益創出に向けた代案として脚光を浴びるだろうと予想されている。

▣ノジ人参に比べて、さらに高いサポニン成分と、毎月出荷、ニョンジュン生産可能な世界初の天然水鏡人参

ドゥドゥアクア社の特許登録された天然、微生物の培養農、漁業技術は魚の排泄物で栽培され、安全食べ物として認められており、陸上養殖の場合、日本の淡水、海水用の養殖技術を凌駕する最先端のエコ技術として独自調査の生存率が最大80%~90%を超える驚くべき成語生存数値を示している。

これは川や海で養殖される現在の薬品性養殖方法と確かに差別化された技術として、地下水と海水、ビニールハウスを利用した無公害の様式で高価の魚種と安定的な収益という農、漁業の代替融合産業として、その重要性が次第に高まっている。

​▣水と、酵素パック、魚が全部、最小限の施設費で収益性を上げて投資収益型農、漁師の生活安定の達成

ドゥドゥアクアの特用作物栽培および魚類の養殖技術は現在の農、漁業に比べて、いくつの大きな差別化を図っている。 既存の地下水を利用した環境にやさしい農、漁業が可能という点だ。

​貯水池の生態的原理を応用した世界最高の自然にやさしい農産物の栽培技術は、一切の農薬や薬品、化学肥料やその他の人為的方法をすべて使わない地下水と魚だけで年中、または毎月出荷されるオーダーメード型農産物を育てという特徴がある。

▣毎月の生産、毎月出荷無農薬、ムビリョ、無難の部屋の清浄水鏡人参の代替農業可能性あるよ

​これは現在の季節型農業の概念を根本から変える5千年韓国の農耕文化歴史上大きなマイルストーンを提示した事件でもある。 堆肥と薬を使用する近代農法の第1世代とビニールハウスで象徴される第2世代農業を通り、年中の生産と毎月生産、無農薬栽培技術という先端農業の発展可能性を持った世界唯一の独歩的な全天候農、漁業技術が韓国安山市のドゥドゥアクアで始まっている。

現在、京畿道をはじめ一部の自治体が非公式的にこの技術に深い関心を持ってドゥドゥアクアを接触しているものとみられており、この技術が本格的に普及した場合、韓国農業と漁業の一大変化は不可避となる見込みだ。

最近、韓国経済が低迷し、多くのグィノンジャが生まれており、現在の農家も農産物の消費低迷と輸出競争力の弱体化によって進退両難に直面しているのが実情だ。 ここに次第に深化される農村人口の初め、高齢化はこうした状況を能動的に乗り切っていく機会さえ喪失しており、若者の雇用創出や既存農家の新たな農業アイテムの開発は、韓国の農村経済に足元に飛び散る火種となっている。

▣日本200億技術の購入の提案、米国と中国、2千万個のサンプルの購買要請、オランダで招待要請

ドゥドゥアクアは現在、中国と日本、米国での輸出相談が続いている。 大型スーパーや大型免税店の物流事業者の訪問も続いており、国内の農産物を輸出した貿易事業者の問い合わせも続いている。

​このような期待は、エコ水鏡人参の世界市場が形成されていないという機会の創出の重要性と現在の韓国野生高麗人参の競争力で韓国人参市場のシェアを高めなければならない韓国の高麗人参業界の切実さが一緒に組み込まれていた理由でもある。

​京畿道の代表的な高麗人参産地である開城の高麗人参が休戦ラインに分断されて40数年間、その命脈を維持してきた抱川(ポチョン)高麗人参と、錦山の地域の高麗人参業界の役員たちであり、一部の専門事業者らがドゥドゥアクアの魚類利用水鏡人参の環境にやさしい栽培とニョンジュン生産技術に刺激され、ドゥドゥアクアの事業に認定して参加する現象は、韓国人参業界の世界市場撤退の危機をよく知ることができるようにしてくれる象徴的な事件でもある。
チョアヨ!

Warning: Unknown: write failed: Disk quota exceeded (122) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (./data/session) in Unknown on line 0