世界ジャンボリー誘致…挑戦と熱情で成し遂げた逆転ドラマだった。 - 韓国オプショナルツアー、ソウルツアー、韓国、韓国文化体験、韓国旅行、語学研修
SEOULTOMO 韓国留学 掲示板
HOT二ユース
お知らせ HOT二ユース Event
若生絵美 411

世界ジャンボリー誘致…挑戦と熱情で成し遂げた逆転ドラマだった。

投稿スポット : 世界ジャンボリー誘致…挑戦と熱情で成し遂げた逆転ドラマだった
登録日 : 2017/08/17 コメント : 0件

世界ジャンボリー誘致…挑戦と熱情で成し遂げた逆転ドラマだった。

"我々が成し遂げた"…2023世界ジャンボリーセマングム開催の確定に歓声…
16日(現地時間)、アゼルバイジャン・バクーで行われた第41次世界スカウト総会で2023年世界ジャンボリー大会開催国の投票の結果、全羅北道のセマングムが競争国であるポーランドのグダニスクを607対365で追い抜き、誘致が確定されると、李柱栄(イ・ジュヨン)招致委員会委員長(左)、ソンハジンに全羅北道(チョンラプクト)知事などをはじめとする誘致の団員たちが歓呼している。

青少年たちよ、セマングムに夢を描いて見て(Draw your Dream)"。

最も若い領土である全羅北道(チョルラブクド)セマングム(扶安郡)で開かれる2023世界ジャンボリー大会は世界青少年たちが夢と希望、未来を描くことができるという点で意味が大きい。世界ジャンボリーは1920年、英国ロンドンのオリンピアスタジアムで初めて開催されて以来、これまで4年ごとに行われる全世界的な青少年キャンプ大会だ。

2019年には米国バージニア州で開かれ、それに続いて2023年第25回大会が歴代最高規模の168カ国五万人あまりが参加し、セマングムで開かれる。

我が国では1991年江原道高城に続き、32年ぶりに二番目に開かれるわけだ。全羅北道は、民選第6期ソンハジン道知事就任後、'韓国の中の韓国、全羅北道'のブランド価値を高めるため、世界ジャンボリー大会誘致を決断して2015年、国内候補地競争(江原道高城)を突破して世界を舞台にポーランドとの激しい競合を繰り広げて克服した。

ポーランドは、全大統領であり、ノーベル平和賞受賞者のレフ・ワレサが総会投票を控え、各国の指導者らに書簡を送るなど、積極的な得票活動をした。特にポーランドの大会誘致地域であるグダンスクはワレサが自由労組、民主化運動を開始したところで、国際的にセマングムより認知度が高かった。

"万歳"…2023世界ジャンボリーセマングム開催の確定に歓声…

16日(現地時間)、アゼルバイジャン・バクーで行われた第41次世界スカウト総会で2023年世界ジャンボリー大会開催国の投票の結果、全羅北道のセマングムが競争国であるポーランドのグダニスクを607対365で追い抜き、誘致が確定されると、鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家族部長官(左)、ソンハジンに全羅北道(チョンラプクト)知事(中央)等をはじめとした誘致の団員たちが歓呼している。[全羅北道も提供=連合ニュース]

韓国は中南米とアフリカのメンバー国から"ポーランドより距離が遠い韓国まで行くには航空料など経済的費用がもっと多く入っている"は指摘を受けなければならなかった。しかも、全羅北道は昨年、朴槿恵(パク・グンヘ)元大統領が弾劾され、支援射撃どころか、対外イメージと国家信頼度が下落し、ややもすれば'コリア・ディスカウント'(Korea discount)につながり、大会誘致に飛び火しないか心配した。

総会の直前、韓半島の不安定な安保状況を攻撃するポーランドの執拗なネガティブ戦術にも頭を抱えていた。 これに全羅北道はSWOT(強み・弱み・危機・チャンス)分析などを通じてポーランドと比較優位を詳しく、徹底的に把握した。

アラブ19カ国をはじめ、アフリカ(40カ国)と南米(34カ国)が比較的、我が国に対する選好度が高いと判断、ソンハジン道知事を筆頭にした全羅北道の誘致団を大陸別に構成して戦略的に集中攻略に乗り出した。

"こんなうれしいことが"…2023世界ジャンボリーセマングム開催の確定に歓声…
(全州(チョンジュ)=連合ニュース)16日(現地時間)、アゼルバイジャン・バクーで行われた第41次世界スカウト総会で2023年世界ジャンボリー大会開催国の投票の結果、全羅北道のセマングムが競争国であるポーランドのグダニスクを607対365で追い抜き、誘致が確定されると、ソンハジンに全羅北道(チョンラプクト)知事をはじめ、誘致の団員たちが歓呼している。また、全羅北道は100年余りのジャンボリー大会が自然の地形と歴史を素材に進んだが、セマングム大会はこのような長所だけでなく、情報通信(IT)を組み合わせて、新世代を狙った。

すべてのプログラムを独自のウェブで開発して運営者と参加者たちが、リアルタイムの双方向で疎通する'スマートジャンボリー'で差別化した点を強調し、票心を刺激した。

これと共に誘致団が1年6ヵ月間世界の隅々を縫って政界と政府・民間団体など各界の関心と支援を引き入れるための全方位的な努力を展開したのも大きな力になった。このため、全羅北道の大会誘致は'挑戦'と'情熱'の成果と評価されている。

韓国セマングム、2023世界ジャンボリー大会誘致成功。

世界スカウト連盟は16日(現地時間)、アゼルバイジャンの首都・バクーで行われた第41回総会で韓国の全羅北道(チョルラブクド)セマングムを2023年世界ジャンボリー大会開催地に決定した。ポーランドのグダニスクを押して、全羅北道のセマングムが開催地に確定発表された直後、招致委員長の李柱栄(イ・ジュヨン)議員(右から二番目)が招致委員会の関係者と手を持ち上げながら喜んでいる。ここに政府の支援も一役買った。昨年までも'誘致が難しいかもしれない'は暗鬱な雰囲気が新政権が発足、はっきりと変わっている。全羅北道の支援要請を受けた文在寅(ムン・ジェイン)大統領がジャンボリー大会セマングムの誘致に対する全面的な関心を各省庁に指示しながら弾力を受けた。

ドア大統領は昨年5月、大統領府初の首席・補佐官会議で"全北が2023年世界ジャンボリー大会誘致競争中ですが、ポーランドはワレサ元大統領が招致委員長に跳ね上がる。 8月に開催地が決定されるだけに、国政空白に不足した誘致の努力を一層強化して、汎政府レベルで支援する方法を講じると、"、支援を促した。

女性家族部長官が16日午前(現地時間)、アゼルバイジャン・バクーコングレスセンターで開かれた'第41次世界スカウト総会世界ジャンボリー(2023)プレゼンテーション'に出席し、潘基文(バン・ギムン)韓国スカウト連盟の名誉総裁とジャンボリー誘致方案について話を交わしている。これに続き、国政100大課題にセマングム事業を含めた新政府は(セマングム事業を)正常軌道に載せるための方法の一つで世界ジャンボリー大会誘致支援を提示したりもした。総会の投票直前には潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長も加わった。半前総長は、当初'国際行事場に姿を現すと、投票で中立性を守ることはできない'は世界スカウト連盟の関係者たちの引き止めに誘致団に合流しなかった。しかし、誘致団は国際舞台活動の経験が豊かな半前総長が切実だと判断、緊急支援を要請し、半前総長が救援投手になった。彼は総会直前のリセプションなどに参加するなど、行事場を歩き回って各国の要人を個別に接触してセマングムの支持を訴えたことが確認された。このように未来青少年たちの祭典であるジャンボリー大会セマングムの誘致は、全羅北道の挑戦と熱情はもちろん、政府、民間などが協業で成し遂げた成果物だ。

[全羅北道も提供=連合ニュース]

修正/削除 リスト
書き込み
コメントをする
ソウルトモツアーでは、掲示板サービスをご利用の際必ず会員登録(無料)が必要です。
会員登録はソウルトモツアー上で簡単にお申し込みいただけます!
会員のお方はこちらにID/パスワードを入力してコメント投稿をしていただけます。
ただし、ID/パスワードが間違っている場合は、投稿できないのでご注意ください。

【コメント投稿の注意事項】
投稿されたコメントがソウルトモツアーで不適切な内容・不快な投稿と判断した場合は、削除させていただきます。
また、事前の連絡等差し上げませんのでご了承ください。
ソウルトモツアーの掲示板に投稿するに当たっては掲示板利用規約の全ての内容にご同意いただいたものとみなします。
また、こちらの掲示板は、会員でなくても全ユーザーが自由に閲覧ができるように構成されています。
その為、ご投稿内容には、個人情報などの内容を含めないようにお気をつけください。

コメントを書き込む